『まなざしに触れる』

『まなざしに触れる』

『まなざしに触れる』

著者:鷹野隆大(写真)、新城郁夫(テキスト) 
制作年:2014年
発行:水声社 
仕様:A5判上製、本文152頁

主に男性ヌードを撮ることでジェンダーを問う写真家とその写真のもつエロス的侵犯の力の政治的、美学的な力動を論じるジェンダー/日本現代文学研究者によるコラボレーション。ふたりの著者のまなざしはどのように交わり、どのように接するのか。そしてそのまなざしの涯にあるものは……。

《傷を負いながらさまよい、影において交差する私たちの身体という街。鷹野のまなざしは、この生=性の交差する場を写真において開示してやまない。》


¥ 3,240

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 200円

    全国一律 200円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する